上腕骨内側上顆骨折の分類 (Watson-Jones)

1度:骨端部の軽度の離開と最小限の転位。
 注)Shenton線の破綻があり、3mm以上の転位を伴う場合は手術の絶対的適応(Chrestian,1991.)

2度:骨片が肘関節高位まで転位したもの。外傷性滑膜炎がある。

3度:裂離骨折を生じた後さらに外反を強制されて肘関節内側が一時的に開かれて、そこに内側上顆骨片が嵌頓したもの。

4度:さらに強く外反を強制されて肘関節の完全外側方脱臼を伴ったもの。

Keon-Cohenの分類とWatson-Jonesの分類は全く同一である。

Watson-Jones:Fractures and joint injuries.6th ed,p.628-629,Churchill-Livingston,Edinburgh,1982.






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 日本手の外科学会, 日本手外科学会, 千葉, 母指CM関節症, 埼玉, 名医, TFCC, 手根管, バネ指, 東京, ばね指, 茨城, 神奈川, 肘部管

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 日本手の外科学会, 日本手外科学会, 千葉, 母指CM関節症, 埼玉, 名医, TFCC, 手根管, バネ指, 東京, ばね指, 茨城, 神奈川, 肘部管

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 日本手の外科学会, 日本手外科学会, 千葉, 母指CM関節症, 埼玉, 名医, TFCC, 手根管, バネ指, 東京, ばね指, 茨城, 神奈川, 肘部管

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ