10歳以上で肘内障と診断されたら 別の病院に行くべき

 非常に危険なケースです。
 肘内障とは2〜6歳によく見られる肘の亜脱臼で腕を引っ張られた後に腕を動かさなくなるという症状が一般的です。この疾患は年齢の低い子供にしか見られず、10歳以上の人で肘内障になる人はまずいません。しかも10歳以上で肘内障と誤診されるケースでは11歳〜15歳ぐらいですと、実は上腕骨顆上骨折上腕骨外顆骨折等の骨折であることが結構あり、その場合、素人がレントゲンで骨折なしと判断しても実は手術が必要だったというケースもしばしばあります。その場合、放置しておくと後に後遺症が現れることもあります。
 ですので10歳以上で肘内障と診断されればすぐに(すぐにです。骨折の治療は早いほど良い。)別のきちんとした整形外科を受診してください。






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ