豊臣秀吉は多指症だった

 歴史上の人物では豊臣秀吉が多指症で右手の親指が二本あったと言われています。ルイス・フロイスや前田利家の記した記録に記載があり、織田信長からは「六つ」とか「六つめ」とか呼ばれていたそうです。
 母指多指症は日本人では最も多い手の先天異常であり、1000人に一人ぐらいの割合でいます。男性に多く、右手に多いことから、あっても不思議ではないかと思われます。
 現在では幼いうちに手術することがほとんどで、手術しても本人がそのことをはっきり知らなかったり、知っていても人に話すことはまずないので自分の子供が多指症だったら「自分の子供だけどうしてこんな指をしているのだろう」と思うかもしれませんが、、実は時折見かける疾患で、すごく珍しいと言うわけではありません。






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ