肘部管症候群

肘部管症候群とは
尺骨神経は肘の内側と部分を通っています。(肘をぶつけると手の先までビーンとしびれるのはこの神経を刺激したためです。)この尺骨神経が何らかの原因で慢性的に圧迫を受けることで発症する病態を肘部管症候群と言います。圧迫の原因としてガングリオン等の腫瘤や靭帯の肥厚、骨棘(骨の出っ張り)等があります。小児の時に上腕骨外顆骨折をすると外反肘という(肘を伸展させると過剰に外側に反る)変形が残って遅発性に肘部管症候群が生じることがあります。

症状
小指や環指尺側(小指側)のしびれが出現します。ギヨン管症候群と異なり小指の背側にもしびれが出現します。症状が進行すると手の筋肉がやせて握力低下や小指、環指の変形(環指と小指がまっすぐに伸びない)が見られるようになります。指を開いたり閉じたりする運度がしづらくなり、握力も低下します。
肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
かぎ爪指変形

診断
臨床症状で主に判断します。痺れは小指と環指尺側(小指側)に限定されます。肘の内側をたたくと環指の尺側(小指側)と小指に痺れが走ります(Tinel様徴候)。
肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
また手関節を回外した状態で肘関節を屈曲させていると痺れが増強します(elbow flexion test)。
Froment(フローマン)サインと言いまして両手の母指と示指で紙をつまみ引っ張ると母指IP関節(第一関節、爪の付け根)が屈曲する徴候が陽性になります。
神経伝導検査を行うと肘部管での速度の低下が認められます。

治療
軽症の場合はビタミンBの内服で治る場合もありますが、手術が必要な場合が多いです。肘の部分での尺骨神経の圧迫を取り除く手術が行われます。手術方法はいろいろありますが総じて成績は良好です。学会でもどの術式が良いか議論になることはしばしばありますがどの術式も基本的に手術成績が良いので結局は「各々の医師が良いと考える手術方法を行うのがいいでしょう」という結論になることが多いです。
肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
オスボーンバンド(Osborne-band)の切離
肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
尺骨神経皮下前方移行術

他にはバンドの切離に加えて上腕骨内上顆の一部を削るKing変法や尺骨神経を筋創の下に移す尺骨神経筋層下前方移行術等があります。

Web手外科研究所の相談メール(肘部管症候群、尺骨神経麻痺)

肘部管症候群の動画解説






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ