上腕骨内上顆炎

上腕骨内上顆炎とは
肘の内側の部分(上腕骨内上顆)には指や手関節を曲げる筋肉(屈筋)が付いています。その筋肉に負担がかかることで肘の内側の部分(上腕骨内上顆)に炎症がおこった病態を上腕骨内上顆炎(ゴルフ肘、フォアハンドテニス肘)といいます。
ちなみに肘の外側の部分(上腕骨外上顆)に炎症がおこった病態を上腕骨外上顆炎(テニス肘)といいます。


症状
運動や作業を行った際に肘の内側に痛みが生じます。

治療
基本的には安静、サポーター装着、消炎鎮痛剤の服用、ステロイド注射で治療を行います。


Web手外科研究所の相談メール(テニス肘、ゴルフ肘)






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 整形外科, 名医, 母指CM関節症, 腱鞘炎, 専門医, 千葉県, 神奈川県, 東京都, 埼玉県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 八王子市, 大阪府
北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄
Web手外科研究所
病院の評判検索
手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 整形外科, 名医, 母指CM関節症, 腱鞘炎, 専門医, 千葉県, 神奈川県, 東京都, 埼玉県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 八王子市, 大阪府
管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 整形外科, 名医, 母指CM関節症, 腱鞘炎, 専門医, 千葉県, 神奈川県, 東京都, 埼玉県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 八王子市, 大阪府
 手の外科疾患について
 コラム
 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください
 私の名歯科医
 サイトマップ