人工神経

 これまで神経欠損部に対する治療は神経移植術といって別のところから神経を採取して移植する方法ぐらいしかありませんでした。ところが2013年3月22日厚生労働省より泉工医科工業の神経再生チューブ(ナーブリッジ)に対する製造販売承認が降り、日本でも人工神経が使えるようになりました。
 人工神経とは簡単に言うと内部にコラーゲンの入ったチューブです。
人工神経とは, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
これを神経欠損部の橋渡しとして使うと神経の再生が誘導されます。神経縫合術より成績が良いとの報告もあり、私も使ってみましたが成績は良好です。まだ未解明な部分もありますが有力な治療の一選択肢となるでしょう。
人工神経とは, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ
 太さは内径が0.5mm〜4.0mmまで0.5mm刻みで八種類あります。直径4.0mmというと結構細いので中枢側の神経には細すぎます。何本か束ねて使うことも出来ないことはありませんが現時点では結果は出ていません。
 手外科が専門の医師でも使ったことがない医師も多いと思います。
 保存温度が重要なので病院に常備しておくことができません。そのため緊急に必要になった際に使用できないといった問題があります。






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ