舟状骨偽関節

舟状骨偽関節とは
舟状骨骨折後、骨がくっつかないままの状態になっている病態を舟状骨偽関節といいます。偽関節(骨がくっつかないままの状態であること)はどの骨の骨折でも起こりえますが、舟状骨では特に起こりやすいです。

症状
手関節橈側(親指側)の痛みが続きます。

治療
安定していて手根骨の圧潰の可能性のない場合は手術しないこともありますが、ほとんどの場合手術治療を行います。

手舟状骨骨折の分類(Herbert)

Web手外科研究所の相談メール(舟状骨骨折、舟状骨偽関節)

舟状骨骨折の動画解説






手の外科病院一覧→手の外科病院一覧, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

北海道・東北 関東・中部 近畿・中国 四国・九州・沖縄

手の外科無料相談所ホーム→手の外科無料相談所, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

管理人の外来受診希望者等→管理人, 手外科, 手の外科, 専門医, 手の外科学会, 日本手外科学会, 腱鞘炎, 整形外科, 母指CM関節症, 名医, 肘部管, TFCC, 評判, 病院, セカンドオピニオン, 医院, 手の外科シリーズ

 手の外科疾患について

 コラム

 いい病院(医師)、悪い病院(医師)についての情報を送ってください

 相談のお礼がしたい方に

 サイトマップ